恋せよ乙女

  • 2018.01.22 Monday
  • 19:08

2018012218500000.jpg

 

 

 

昨年の夏の終わり


某酒屋の棚の上のうっすら埃(笑)の箱が目に入ってきました。


しばらく眺めたのちに


「あの箱は何が入っていますか!?」


「あっ!これですか!?見ます!?」


が、出会いでした。


それからというもの


「気になるなぁ〜。気になるなぁ〜。絶対旨いに決まってるよね。」


と、つぶやき続け…


今日この手に。



早速、味を利きました。


蔵で8年熟成ののち


2006年瓶詰め出荷され


某酒屋の棚でひと回り干支を過ごして



蒸留より20年経ち、ここ姫路の焼酎居酒屋のカウンター。



かなりの期待を胸に開封しました。


やはり最初に立ち上がるのは、33度というアルコール度数ゆえのアルコール感。


一口含むと


ジョイホワイトならではのフルーティさ…よりも濃いい甘さを感じました。


人工的な甘味には時にえぐみを感じますが


植物由来のナチュラルな甘味は舌の上に優しく膜をはります。


味わいに度数は感じません。


しばらく放置…


室温に戻ったのち口に含むと


甘さがより増しておりました。


甘さ広がりますが、尾をひくよりもすんなりフェイドアウトしていく感じです。



今までの経験上


芋焼酎は熟成すると、芋の味わいより麹が前面に出てくる傾向が強い様に思います。


米が国産になると、その傾向がより強くなるように思います。


しかし、


この芋焼酎は芋の味わいが前面に出ております。


だからか、長期熟成ゆえのひね感も全くありません。


今まで、『ジョイホワイト』の良さをそこまで感じていませんでしたので


あまり口にすることはなかったのが正直なところですが…


この芋焼酎を口にしたことで、


『黄金千貫』とは違う『ジョイホワイト』ならではの味わいに出会い、理解できました。



本当にいい出会いでした。


ありがとうございました



棚の上…最初のインスピレーションは正解でした。


やはり、恋はいくつになってもしないと駄目ですね(笑)



霧島酒造90周年記念
『順吉』

(携帯より)

ロイズ

  • 2018.01.21 Sunday
  • 06:47
2018011919300000.jpg
『ロイズ』のおつまみチョコ


北海道に帰省の折りに、

北海道の菓子を差し入れしてくれるD君

いつもありがとう(o^o^o)

珈琲タイムにいただきました。

もち、珈琲はいつもより深めに淹れました♪


「また、さわこさんふくよかになるわ(笑)」のだんなの一言は気にしないで!!


いつもより多目にスクワットするから大丈夫よ(笑)))

(携帯より)

『情報』

  • 2018.01.19 Friday
  • 19:35

先日、整理をしていると


一冊のルーズリーフが出てきました。


懐かしい記録の一冊です。


オープン当初、焼酎の『しょ』の字も知らない私は


一升瓶が空く度にラベルを外し、


貼り付け、


ラベルの下には、あらゆる情報を書き込みました。


裏ラベルに書いてある情報、持ち合わす焼酎に関する書籍から抜粋した情報。


今の様に蔵元さんとのお付き合いもなく、パソコンも持っていませんでしたので


ラベルからの情報と書籍からの情報が頼りでした。


幸いアルコールに強い口を持っていましたので、後は自分の味覚が頼りでした。


しかし、まだまだ初心者…呑み数が少なく、味わいのバリエーションも大変幼いモノでした。



でもね!!


焼酎で商売をする限り、お客さまに説明する力は必要です。


お客さまの求める気持ちに答えられる準備は必要です。


お客さまが納得できる、一歩先の情報は持ち合わせておかなければなりません。



まぁ〜最近は、笑顔で


「私、○○好きなんです♪」


「○○美味しいですよ♪」


のみで、皆さん納得してくださっていますが(笑)


これも、16年の積み重ねですかね(笑))))



こうして、情報は私には大変重要なモノなのです。




最近、気になるのは…



焼酎の瓶から『瓶詰め日』である『詰口日』の情報が消えつつあることです。


確かに、昔から記載の無い蔵元さんもありますし


蔵元さんによっては、暗号化された数字や記号の記載もあります。



そういった場合は、自分が必要と思うモノには『購入日』を書く様にしています。



『詰口日』の記載が消えたり、記号化されると…


某蔵元さんからの質問を思い出し危惧します。



昔、昔の話ですが



某蔵元さんから聞かれたのですが


「塩谷さんは、瓶詰め日の記載をどう思いますか!?」


私たちは声を揃えて即答でした。


「大切な情報です。」とね。


何故にそのような質問に至ったのかと訊ねてみました。



「酒屋さんからの希望です。お客さんから『賞味期限』と間違ってクレームがきて困る」


「困るので、書かないでほしい。」


と、蔵に言ってこられたようです。


「あり得ない!!」と、これまた声を揃えて言っちゃいました。



ハッキリ言って、それって仕事放棄ですよね。


酒屋の仕事って、なんですか!?



確かに、ブームの折りにうちのカウンターでもお客さんからよく尋ねられました。


「日にち過ぎているんだけど、大丈夫!?」


「この日にちは何の意味!?」


初めて焼酎を手にした方には『詰口日』との文字無く日付のみだと解らないし、勘違いしますよね。


『詰口日』とあってもその意味合いというか、意義は解りませんよね。


今まで何気なく手にしていたモノを初めてじっくり眺めたきっかけがブームだったと思います。



だから、


その為に、


酒屋さんであったり、


私たちのように、焼酎を専門に扱う者がキチンと答えていかなければいけないのです。



『知らない事を知る』ことが、興味を持つことの第一歩であり


ファンになる要素の一つだと思うのです。



より良く焼酎を広める為にも『情報』は不可欠です。


だから、時間とお金を使い毎年九州上陸をするのです。


焼酎が造られている環境…空気、水を感じ


蔵元さんのお人柄に触れることで


焼酎の味わいの芯を知ることができます。



『情報』は扱い方次第です。


扱う側の器量だと思うのです。


『情報』を得ることを重要視すると共に


扱う器量を身につける努力を怠らないように・・・の毎日ですね。



焼酎を呑んで心和ませ


九州上陸で頭と身体を和ませたいです♪


さぁ!!今年は何処へ…


(携帯より)

やっぱ 聞いてないか・・・( 笑)

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 00:40

2018011620300000.jpg

 

 

 

「あっ!!クリップ忘れた!」


髪留めを持ってくるのを忘れました。


ゴソゴソ…探すと、ピンが3本。


久しぶりにおだんごするか!!


髪を伸ばしていた20代には、毎日おだんごや編み込みをしていたんだが…


すっかり手抜きになってしまった今日この頃


久しぶりにしては、短時間で、まずまずのまとまりに♪


しかし


腕を上げているのが、こんなにしんどくなっているとは( ̄▽ ̄;)



「久しぶりにしては、まずまずな感じに仕上がったな♪


 これからは、時々しようかな!?


 まだまだ女の子だしぃ♪」


と、だんなの横でつぶやいていると


「うんうん!」


  「聞いてる!?」


「えっ!?」



やっぱ 聞いてないか(笑)


(携帯より)

節目ごとに顧みる

  • 2018.01.13 Saturday
  • 00:02

一年一年、過ぎる時間が…

加速しているようにさえ思えます。


人によれば


充実している証拠だと


同じことの繰り返しの毎日だからだと


プラスにもマイナスにもとれる言葉。


私にはどちらも当てはまるなぁ〜の毎日です。



日がかわり、13日で結婚生活も16周年。


17年目にはいります。




先日、新婚夫婦にアドバイスしました(o^o^o)


「最近、扱い雑くない!?」


と、話しかけている奥さんがご主人の返事にもの申していました。


このお二人も、お付き合いされている頃からのお客さま。


と、言うか…ご主人が独身のときからのお客さまです。


もの申して…というか、仲良くじゃれあっている感じ


初々しく、可愛く見えるのは私の歳のせい!?(笑)



「あのね、16年選手からのアドバイスだけどさぁ〜


16年も経つとね、から返事がほとんどよ。『言うたやん』と言うのも嫌になるくらい(笑)


毎回、初めて聞いたように、新鮮な反応するからさ


私も、初めて言ったように、新鮮に言うのよ。


いちいち怒っていたらきりないし、相手はあくまでも意にかいしてないからね。


本当に大事なことは、聞いていなかったら怒らないと駄目。


でもね、それ以外は新鮮に付き合ってあげて。(笑)」


「そんなものですかぁ〜」と、聞いてくれました。


夫婦なんてそれぞれだけど、せっかく縁あって一緒になったんだからね。


今日見た雑誌に


『親子一世、夫婦二世、主従三世』


と、書いてありました。


昔の人の上手な表現ですね。


来世も一緒になるくらい深い縁なら、


かるぅ〜いタッチな付き合い方もいいんじゃないかな!?


と、思ってもみた。


さぁ!!17章開演です。

(携帯より)

新年のご挨拶

  • 2018.01.04 Thursday
  • 15:42

年が変わり 早4日

 

明日からは 仕事だ。

 

その前に

 

一年の始まりは やはりここに!!

 

2018010415340000.jpg

 

時折お参りにいらっしゃいますが

 

澄んだ空気の中 心静かに お参りさせていただきました。

 

 

年明けの 恵美酒宮天満神社は いつも一人です。

 

ウォーキングを兼ねて 家からお宮そして店へ。

 

なかなかの運動です!

 

 

さて

 

明日からの準備を始めるか!!

任務完了(o^-^o)b !

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 13:59

2018010213580000.jpg

 

ざっと400弱。

 

表 手書き

 

裏 一言メッセージ

 

今年も 無事書き終えました。

 

 

写真は 『アウトレイジ』 ならぬ 『焼酎呑むぜ』

 

 

今年も 少しでも初笑いの足しになればと 

 

思います (⋈◍>◡<◍)。✧♡

めりーくりすます(o^-')b !

  • 2017.12.25 Monday
  • 18:00

どこに置いてきてかなぁ〜


サンタクロース


白馬の王子さま


丘の上の王子さま



しかし


何事もなく、こうして商いができることのありがたさを


しみじみ感じます…。


欲を言えば…もう少しでいいから


上乗せほしいですね(笑)


今宵も変わらず、暖簾をあげました。

(携帯より)

応援団

  • 2017.12.22 Friday
  • 14:38
昨夜もおかげさまの営業でした。


ありがとうございました。


しかし


例年にない12月の様子に…若干の…( ̄▽ ̄;)


昨夜のような宴会の様子を見ると、ホッとします(笑)


帰り際に、年配の方が


「えぇ塩梅でした。」


と、笑顔で声をかけてくださいました。


誘われての初来店の方にそう言っていただくと


良かったぁ〜とホッとします(o^o^o)




カウンターでは


自分がお連れした方に


「焼酎飲みます!?ぜひ!!飲んでください!!


焼酎の概念が変わりますよ♪僕がそうだったから。」


と、うちのカウンターでの焼酎をすすめて下さってます。


焼酎のお品書きを見せながら


「こうやってねぇ蔵元にも毎年行ってはるんですよ。」



結句、19時頃から24時頃までゆっくり杯を重ねられました。


最後の一杯を口にしながら


「自然と味わうから、ゆっくり飲むようになるなぁ。


ゆっくり味わいながら飲んだら、悪酔いはないなぁ〜。」


なんて、ほぼ五時間飲みなのに…シャンとしている自分に感心しておられました(笑)



焼酎並びに当店を楽しんでいただき


ありがとうございました


年内は今日をいれて8日間


そして来年も


焼酎共々当店をよろしくお願いいたします(o^-')b !

(携帯より)

柳葉魚

  • 2017.12.21 Thursday
  • 15:20

2017122018320000.jpg
(三左衛門堀川沿いの風景)




ご縁あり


北海道は鵡川から『柳葉魚』を直送いただいています。


お品書きには


『北海道 鵡川直送
    珍味 ちび柳葉魚』



と、書かせていただいています。


成熟前で、旨味たっぷりの身は


噛めば噛むほど味わいがまします。


お品書きにはあえて呼びかなを書いてはおりません。


で…


説明するときに


「柳の葉の形と似ているから…との説があるんですよ」と言うと


若い方の中には、柳の木を見たことないと言われる確率が


年々上がっています。


「そこからかぁ〜(笑)こういう時こそ!!スマホで検索かけなきゃ!!」と話します。



柳の木の下にお化けの掛軸や 柳の木に跳びつく蛙の絵


なんてことが、共通知識はひと昔ふた昔の話になりつつあるようですね。



「三左衛門堀川沿いに大きな木があるでしょ。あの木が柳の木だよ」


と、話すと「あれがぁ〜」と。


目にしていても、気にもしていないこともあります。


新しい発見もあります。



その昔、自分が年配の方々に教わった時のように


伝える側の立場になりつつあるお年頃なのをヒシヒシと感じる今日この頃。


だって!! 自分の歳の半分にも満たない方の来店が普通になりましたものね。


男の子も女の子も(子って言っちゃいますよね)「可愛い子達ばかりです♪」(笑)



そうそう!!


『柳葉魚』には『アイヌの民話』からくる説もあります。


素直に「へぇ〜」と聞いてくれています(笑)



たくさんある飲食店の中から選んで来て下さっているのですから


お酒の飲み方、マナーを始め焼酎の美味しさ、料理の味わい


そして、


どうでもいいかもしれない雑学(笑)


いろんなことを伝えていきたいです。



あっ!!ちなみに…


『柳葉魚』は『ししゃも』です(o^-')b !


(携帯より)

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM