オータムフェスティバルIN龍野

  • 2017.11.23 Thursday
  • 14:43

2017112314430000.jpg

 

 

私は

「たつの」 でもなく

「竜野」 でもなく

「龍野」 が好きだ。


今年も開催されます!!


『オータムフェスティバルIN龍野』


明日、24日金曜日から26日日曜日



私も日曜日に行こうとは思っているが…


起きれるかな( ̄▽ ̄;)

(携帯より)

冬支度が…

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 16:31
20091118182416.jpg
ストーブが恋しくなります。
 
 
 
いつになく、寒さ増すのが早いような…
 
 
ストーブを出したいのだが…
 
 
場所がない( ̄▽ ̄;)
 
 
 
焼酎のキープは飲みたい銘柄を一升瓶でしていただく
 
 
なので、ハンパない本数のストックがある。
 
 
一升瓶なので、嵩もある。
 
 
ストックも平均一本だが、ものによれば数本ある。
 
 
送料をかけて買うので、ついつい最低6本にまとめるし
 
 
通年ないものは、予備に多目に買っておく。
 
 
なので、
 
 
所狭しとカートンが積まれている。
 
 
 
みなさん!!
 
 
飲みに来てください(笑)
 
 
ストーブの場所確保の為に、ストックの本数を適度にしてください(笑)
 
 
 
明日23日木曜日
祝日ですが営業いたします♪
 
 
(携帯より)
 

表現を楽しむ

  • 2017.11.20 Monday
  • 16:04

2017111822350000.jpg

 

 

先週末の話だが


いつも「焼酎を楽しもう!!」と来てくれる若い衆


彼らの彼らなりの表現が、楽しくて好きだ。


おまかせで杯を重ねていく。


付き合いも長いので、好みも承知。


彼らの焼酎探求心


彼らの当店への期待も把握しているつもりだ。


先日はこんな感じ(上記の写真)で、杯を重ねてもらったのだが


香りの表現の仕方


味わいの表現の仕方


何かと比べた時の表現の仕方


なかなか面白い。


「なるほど!!」と思う。


「それも有りか!!」と思う。


面白いのが


女性に例える時だ。


昭和の匂いを感じる表現だ(笑)



自分だけ、だんなとの会話だけ、焼酎を専門としている方との会話だけ、


その中には無い、何にもとらわれない表現が顔を見せる。


魅せる…と言っても良い。


私の中での『割る』ことへのヒントにもなる。


『伝える』ことへのヒントにもなる。



焼酎の懐の深さを感じる。

改めて、


焼酎は


香り豊かで


味わい深い


日本の蒸留酒と思う。

(携帯より)

私の割る楽しみ

  • 2017.11.17 Friday
  • 15:52

『焼酎は割ってなんぼ』


『割っておいしい焼酎は、本当においしい焼酎だ』


と、お話しますが…


豪語する(笑) かぎりは


「旨い!!」 と思っていただける水割り、お湯割りの提供をしなければなりません。



だから…と言って、力んでいるつもりもありません。


ただただ、割ることが楽しいのです。


『割る』と言えば… 『÷』で分割を意味しそうですが、


私の『割る』は、旨味の倍増を意味します。


度数を下げつつ、旨味を維持


もしくは、倍増することを意識しています。



この焼酎が表現したいことは何なんだろう!?


この焼酎の特徴は何なんだろう!?



と、感じとるようにします。


そして


そのままにその良さをお届けするには… と考えます。


なので、


よく紹介されている手順も私には関係ありません。


割る手順に決まりをつくりません。


敢えて、あり得ない手順もします。


その焼酎にとって一番最適な手順

 

 

一番 『らしさ』を醸し出せる手順

 

 

を模索します。


これが、楽しいんです。

 

 

見つけた時は 宝物を見つけたようですね♡


それが、


焼酎の個性、当店の個性と捉えています。


色々考えて…の手順でお出ししたお湯割りが


お客さまのお口に合い「これいいねぇ〜」とお言葉いただき


お湯割りにはまる姿は、嬉しいかぎりです。



  2017111715580000.jpg

 

 

寒さ増すこの季節、ほっこりお湯割りで過ごしませんか!?

(携帯より)

省みる…

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 16:51

2017111018140000.jpg

 

 

高校を卒業して、30年が経とうとしています。


先日、『創立120周年記念式典』が催されました。


主人が誘われて、祝賀会のみですが参加させていただきました。


地元高校で、


旧制中学を卒業した祖父、


高校9回生の母、


36回生の兄と、39回生の私


三代続きました。


兄は遠方で、私には子はいないので…三代で終わりですが。


三代を申告すると何やらあるようで、


祖父は私の卒業を楽しみにしていましたが、


卒業を待たず、高校二年の年末に永眠いたしました。


「お兄ちゃんの時に言えば良かったのにね」と、後に母に言うと


「おじいちゃんは、さわこと一緒が良かったんだよ」と、言ってました。



しかし



地元で、家から一番近くて、身内が行ったから行くものなんだろう…


と、なんの考えもなく進学しましたが


今、省みると


甘い考えは、この辺りから始まり


全く反省ないままに、今に至っています( ̄▽ ̄;)


とは言え、


毎日、ちゃんと生きてますよ。


あれこれ考えていますよ。


ただ、あの高校進学の時点で


きちんと「龍野高校に行くんだ」という意識を持って進めば


また、違う人生の歩み方を選択できる余地と意識が芽生えたのではないかと思います。


まぁ〜これもタラレバですがね。


50歳を前に、やっとキチンと反省する考えに至りました(笑)


残りの人生、キチンと足跡を残しながら歩んでいきたいと思います。

(携帯より)

旅の記録 9月 朝倉路

  • 2017.11.02 Thursday
  • 14:47

昨夜の 『本格焼酎の日』 の一夜も

 

いつもと変りなく うちらしい営業の夜でした。

 

ありがとうございました。

 

 

もう夜の気温は 初冬。

 

しかし 昼間は 汗ばむ・・・ (これが!風邪の元凶!!)

 

 

10月末には 台風にも負けず 宮崎へ

 

しかし

 

旅の様子は・・・

 

9月末の 福岡県朝倉市への旅

 

HPリンクの 『旅ブログ』 書き終えています。

 

よかったら リンク張ってありますので 見てやってください。

 

 

 

宮崎の旅も 有意義だったぁ〜♡

 

また 『旅ブログ』 書き終えましたら リンク貼ります。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

11月1日は『本格焼酎の日』

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 16:06
2017110115540000.jpg
昨日無事帰還しました。

台風の為乗船予定のフェリー欠航という事態に

全陸走を選択。

宮崎でのイベント参加が目的でした。

結果、

陸走1317キロ+洋上67キロ

時間にして、48時間きっかりの旅でした。



さてさて、

11月1日は『本格焼酎の日』

各地で焼酎で乾杯イベントもあるとのことですが…

うちは、毎日が本格焼酎の日

いつもながらに普通に時間が流れます♪

玄関先も、宮崎メインに模様替え。

皆さんのお越しを、お待ちいたしております\(^_^)(^_^)/

(携帯より)

恵美酒宮天満神社 秋季例大祭 その弐

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 15:32

今年は 8年に一度の 本神事

 

既に 祭を2日間しただんな

 

それも 若干不調のだんな

 

でしたが・・・

 

約束は約束と! できうるところのみの参加でしたが

 

本宮に 向かいました。

 

 

知り合いのおうちで その知り合いの方に まわしを巻いていただきました。

 

初めて出会う方も 祭を通して 親しみを感じますね。

 

「あれ?!自分 昨日 中野田かいでなかった?!」

 

なんて会話も弾みます。

 

各村を練り歩き 飾磨街道をのぼってきます。

 

 

 

 

 

毎年のことですが

 

自分の書いた字が やっさの上で舞うのは なんとも言い難いです。

 

村の方 太鼓の方々には 本当に感謝です。

 

本当に ありがとうございます。

 

 

やっさに続いて 神輿がやってきました。

 

 

 

粛々と 神事が執り行われました。

 

 

 

 

しかし 残念ですね。

 

結界の意を知らない方がいらしゃることが。

 

しかし

 

その意を 伝えておられる方がいらっしゃったことは 素晴らしいことですね。

 

神を身近に感じれば感じるほど 

 

神にまつわることを知り 

 

大切に口伝(くでん)していかなければいけないですね。

 

 

さぁ!! 今からは グランドに向かいます。

 

8年に一度しか見ることができない 8台練りです。

南蛮菓『ざびえる』

  • 2017.10.19 Thursday
  • 16:50
2017101916240000.jpg
先日、大分土産をいただきました。


『ざびえる』


「ありきたりで…」なんて言われましたが


私の好きなお菓子です♪



なんで?大分で『ざびえる』なんだ!?


と、当初は思いましたが…



フランシスコ・ザビエルは、天文20年(1551年)豊後の国を訪れています。

大友宗麟の保護を受け、布教並びに様々な施設も作り、当時の府内の町は賑わい、南蛮文化も浸透していたようです。


こうした功績をたたえて、『ざびえる』は誕生したようですね。


お菓子ひとつからも、色々勉強になります。

(携帯より)

恵美酒宮天満神社 秋季例大祭 その壱

  • 2017.10.14 Saturday
  • 15:58

祭も終わってみれば あっという間

 

今日は 灘のけんか祭

 

お天気も もつといいですね。

 

 

ちょうど一週間前 

 

毎年恒例になりつつある・・・

 

屋台磨きの時間に 今年もお邪魔しました。

 

「今年も お邪魔します」

 

  「おっ! 来たね」

 

「写真 いいですか?!」

 

  「どうぞ」

 

雨が降り込むため 扉は閉まっていましたが

 

出入り口から のぞかせていただきました。

 

 

 

 

 

太鼓の音を聞きながら 漆職人の磨きを見る

 

そして

 

村の人と お話する

 

なんとも 贅沢な時間です♡

 

 

ピカピカに磨かれた 棟は鏡です。

 

自らを映し出しています。

 

 

「明日の練りだしは 〇時だから あさイチのべっぴんさんを見においで」

 

素敵なお誘いを受けました。

 

 

と、いうことで

 

あさイチ 微妙に時間があるので・・・

 

自転車を飛ばして!! 行きました。

 

 

自転車を停めて ホッとしたところで

 

屋台が 蔵から出される瞬間を迎えました。

 

蔵前では 集まった村の方々が 今か今か!と待ちわびて

 

 

姿が見えた瞬間

 

「おぉ〜〜〜〜〜!!」

 

と歓声があがりました。

 

私も 心の中で 「おぉ〜〜〜♡」

 

 

 

 

露盤に擬宝珠をつけて 

 

さぁ! 祭が始まります。

 

 

新しい伊達綱での姿を 目に焼き付け

 

再び 自転車を飛ばして 戻りました。

 

村の練り上げに間に合いました。

 

だんなに戻ったことを報告しつつ・・・

 

「伊達綱の色は 聞かんほうがいいでしょ。 明日のお楽しみにね」

 

 

 

やっぱり!!

 

この顔が 好きです (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

一年に一度は 逢わないとね♡

 

 

 

 

あさイチのべっぴんさん。

 

輝いていました。

 

「時間を作ってでも 見においで」 と言われた意味が解ります。

 

 

     つづく

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM