素敵なお土産♪

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 00:44
2017052300400000.jpg
「先日、広島に行って来たんですよ。」


と、お客さんからお土産いただきました。


好きなモノを熟知してくださってます(o^-')b !

(携帯より)

超グソクムシ煎餅

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 15:22
2017051015100000.jpg
先日の旅で


お土産にいただいた『超グソクムシ煎餅』


見た目は、予想に反して普通のお煎餅


ですが…


お味は、和風だしがきいて口の中に風味広がります♪


そして、


なんと!!


「オオグソクムシ粉末」が入っているそうです。


「オオグソクムシ」を食べたことはないので…(笑)味を探し出せませんが


パッケージからの期待を裏切らない隠し味に、満足です(o^-')b !


Mさんありがとうございました(^з^)-☆

(携帯より)

福井名物『羽二重餅』

  • 2017.04.28 Friday
  • 03:50
2017042719100000.jpg
先日の夕方いっぽんの電話が…


「△△の○○です。今日開いてるよね!?何時からだっけ!?」


『あ〜どうもぉ〜。開けますよ!5時半からです。』


「2人で行くから。」


…ガチャリ。


『いつもながらに、突然だなぁ〜(笑)』


と、だんなは言いながら受話器をもどす。


とある蔵元さんご夫婦。


プライベートの旅の途中に、予定が空いたから急遽姫路に宿をとり来店して下さった。


姫路も雨の一日でしたが、雨の東尋坊も迫力あったとのこと。


遊覧船も貸し切りだよぉ〜(笑)とも。


お土産に


『羽二重餅』をいただきました。


子供の頃から大好きな菓子の1つです。


改めて見ると、


越前福井藩松平家の御用達であった初代伊三郎が弘化四年(1847年)に藩主に納めたのが始まりのようです。


こうした由来をみるといつも思うんですよね。


伝統を引き継ぐ


品質を引き継ぐ


大変なことですよね。


私たちは一代目、そして一代限りの家業なので…


私たちの世界観のみで構築していきます。



引き継ぐ人間は


品質にいたっては常に向上させなければ…現状維持のみは、廃れを意味しますよね。


最低ラインが現状維持であって…


そう思うと、本当に大変なことですね。


その代での新しいモノも大事でしょうが、


引き継いだモノを向上さす、進化さす、深化さす、進展さす、


これを疎かにしては、伝統は次の世代に引き継ぐことはできません。


引き継ぐ人間は、常に受け手であり、渡し手だと思います。



そして、


我が身に置き換えれば


毎日当たり前に扱う本格焼酎ですが


開栓より日々変化する個々の個性を的確に掴み、いかにベストに提供するか。


手を休める間はありませんね。


休めてはいけませんね。


たとえ、引き渡す相手がいなくとも。



その夜も、奥さまがご主人を眺めて


「いつもより杯数が多いわ(笑)」


と、言われました。


焼酎談義に花を咲かせ、お湯割りの杯を重ねてくださいました。


知らず知らずに杯を重ねる…


これからも、そんな焼酎の空間を世界を作っていきたいですね。


『羽二重餅』珈琲のお供にいただきました(*^ー^)ノ♪

(携帯より)

群馬づくし

  • 2017.01.20 Friday
  • 15:42
2017012015190000.jpg
先週末の雪が降り始めた頃


群馬からのお客さま来店。


高校の同級生の彼は、関西にくる際には立ち寄ってくれる。


そんな彼からのお土産。


大好きな『原田のラスク』♪
『かいこの一生』
『ぐんまちゃん』


彼曰く、


群馬をオススメしようとしたら、絞りきれなかった…と。


優しい心遣いに、高校時代に喋っておけば良かった…と。(笑)


まぁ〜この歳を経たから気さくに喋れるのかな(笑)


しかし、


彼に言わせれば、「夫婦ずっと一緒だから、毎日プチ同窓会だね。」と。(笑)


確かに…そうだ…。


珈琲タイムに『群馬づくし』をいただきながら


楽しかったカウンター同窓会を思い出す。

(携帯より)

『ささらがた』両口屋是清

  • 2016.12.01 Thursday
  • 23:38
2016120118370000.jpg
少し前のこと


お客さまのM君に、出張のお土産をいただきました。


ありがとうございます(o^-')b !


仕込みの合間の休息タイムにいただきました。


いろんな味わいを楽しみたくて、分け分け…で半分こ。


甘味はしっかりありますが、上品な味わいでした。


季節限定の『栗』『柿』『芋』もしっかり味わいありました。


○○風…ではないところが、やっぱりいいですよね♪


小さな食べきりサイズで手を汚さない様に真ん中から開けるスタイル。


個装の箱も、可愛く仕上げてあります。


箱だけみると、和菓子と思いませんね。


目で、味わいで楽しませていただきました(*^ー^)ノ♪

(携帯より)

夜のお菓子 『うなぎパイ』

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 14:46

2016091414310000.jpg

 

 

先日のこと


鹿児島での焼酎の会にてご縁をいただいた、静岡にお住まいのご夫婦が来店してくださった。


酒縁とは… なんと!! 素敵なものか (⋈◍>◡<◍)。✧♡


遠路はるばる、宿をとり


がっつり時間を使っての来店。


ありがとうございました。


お土産までいただきました。


本当にありがとうございました。



浜名湖と言えば…


夜のお菓子 『うなぎパイ』 ですよ (o^-')b !


久しぶりの『うなぎパイ』は 珈琲タイムのお供に♪


お味は変わるものではありませんが… 栞に目がいきました。


昔はなかったように思います。



思うに…


お土産品としばりをおいての見解ですが…


お土産のお菓子には、今までは地域性だけを見ていましたが


お土産のお菓子においても

 

 

お菓子単体の物語性を前面におす必要性がいる時代なのですね。


そのようなことを思う栞でした。



そう言えば…


昔から 『赤福』 には月ごとに違う栞が入っています。


私はこの栞が好きですね。


必ず手に取ります。


気に入った栞は、大事においています。



お菓子だけでなく、そういうところまでが気になるのは職業病かな!? (笑)))



ちなみに…


ご夫婦に会うべく、訪れてみたいお店をナビにいれてみた。


静岡県でも一番西に位置する。


有料優先で350キロ弱


高速料金7700円


二人して「近い!!」「すぐそこだ!!」

 

 

「日帰りできるぞ!」  「えっ! 呑めない。近くても一泊だね。」


いやいや…九州が基準になっているこの感覚が怖い(笑)))
 

 

九州のことを思うと どこもが近くに感じてしまう ( ´艸`)


(携帯より)

痩せる暇無し( ≧∇≦)♪

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 03:10
2016020202510000.jpg
「さわこさんお土産!」


と、いただきました。


ショコラなんとか…(う゛〜覚えられない(^_^;))と言う


国内外のチョコレートが一堂に集まる催しに行かれた彼。


そんな彼からの貢ぎ物。


いくつになっても嬉しいですね(o^-')b !


おまけの品もあり〜ので♪さっそくつまんじゃいました。


ちなみに…右下の梅干しは1個300円だとか(@ ̄□ ̄@;)!!

(携帯より)

うぐいす餅

  • 2016.01.16 Saturday
  • 16:14
2016011616080000.jpg
春の足音が聞こえてくるようです。


まさに!!『うぐいす』


喉元のラインには職人さんの心意気を感じます。


これなんですよね!!


職人さんの心の姿。

(携帯より)

伊勢物語

  • 2015.12.10 Thursday
  • 18:58
2015120718200000.jpg
お客様からのお土産


『赤福』

『へんば餅』


『赤福』はよく知っている味。


と、言うことで…


『へんば餅』から戴いた。


とっても素朴なお味にはまってしまった(o^-')b !


お餅と共に入っていた栞には


『今を去る二百余年前、安永四年(1775年)に私より九代前の先祖が

参宮街道宮川のほとりに茶屋を設け餅を商い初めました。

当時駕籠や三宝荒神で参宮する人達がこの店に憩われて、

ここから馬を返し参宮されたため何時しかへんば(返馬)餅と名づけられ

今日に及びました。

美味とは申せませんが風情ある田舎の名物として御賞味願い上げます。』


とありました。


歴史ある商いに敬服いたします。


そして、歴史ある商いを見るとき


時代の流れに合わせることも大切ですが…


何故、今まで歴史を重ねてこれたのか


その側面から見た商品の捉え方を大事にされているか


簡単に言えば、


その商いの顔である商品をないがしろにしていないか


新しいものばかりに走っていないか


などをついつい見てしまいます。



『へんば餅』


きっと、ずっと、


このどこか懐かしい味わいを守ってこられたのだろうなぁ〜。

(携帯より)

東京土産

  • 2015.11.24 Tuesday
  • 15:37
2015112415250000.jpg
いつもの♪ねんりん家『マウントバーム』
&
東京ばなな『東京ばな菜の花』


兄からの贈り物。


『ねんりん家』は年に数回口にできるようになった贅沢者な私v(=∩_∩=)


そういえば…


小さい頃は父が出張の旅に、飛び出す絵本やレコード付の紙芝居を買って来てくれてたなぁ〜(o^o^o)


(携帯より)

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM