同級生の男の子

  • 2019.06.09 Sunday
  • 00:55

今週の営業も無事終わりました

ありがとうございました



先日の夜は、年1のお客さま


帰省のおりに、店に近いホテルを予約して


立ち寄ってくれる彼


私の淹れる珈琲を楽しみにしてくれる ダンナ以外の唯一の男性(笑)


その夜は そんな彼の声かけで数人の同級生が集合


高校の同級生・・・は510人程居る


アルバムを見ても 初顔で判らないのはお互い様もたくさん居るなか


小学生(幼稚園?!)からの同級生


来店してくれたことで顔を会わした同級生


同じクラスで過ごした同級生
 

 


この歳になると、過去が無くとも話が弾む


偏差値学校での個々の思い出を共有できる



大人としての経験、社会人としての経験を積み


積んだ積み木の高さを競うでもなく


積み木崩しをするでもなく


人としての節度と愛情を持ち合わせた同級生たちとの会話は


涙がでるほど笑い転げ、あきれるほどの失笑が渦を巻く


51歳のおじさん、おばさんの集まりだが


いくつになっても


男の子だ!! 女の子だ!!


いくつになっても女の子扱いしてくれる、貴重な男の子たちだ(笑)


こんな時間が過ごせるのも


来店してくれる同級生のおかげ


あまり想いのない学生時代に彩りを添えてくれ


今更ながら・・・


あの学校に行ったことも良かった・・・?!と思える


うちには高校のアルバムが2冊あるから(笑)


思い出も2倍というわけではないが


こうして集まる度に開かれるアルバムはボロボロに・・・


しかし


その分の楽しさは2倍にも3倍にも広がっているように思う


それにしても


誰もが 虫眼鏡では追いつかなくなってきているようだ(笑)


百均にでも行って、老眼鏡を買ってくるかぁ!?(笑)

(携帯より)

月いち訪問

  • 2019.05.26 Sunday
  • 17:50

2019052617470000.jpg

 

 

今日も姫新線に揺られて


両親の顔を見に行きました


月に一度の訪問を始めて…1年かぁ〜


今日は歩いてのお買い物に役立つように


キャリーバックをプレゼントしました


使い心地を見るために、使い持っていきましたが


楽なのをいいことに


ついつい… お土産の品も増えちゃいました(笑)


たんまり入って、安定感も良く、お役立ち鞄ですね


お母さんも気に入ってくれたようです


さて、


姫新線に揺られて帰るとするか(o^−^o)

(携帯より)

マナーの質

  • 2019.05.10 Friday
  • 18:53

2019051018420000.jpg

 

 

先日、出先でお手洗いを利用したら…


こんなこと言わなきゃいけないのも大変だなぁ〜


うちなんて


『露ほども落とさぬ笹の心かな』


と、書いただけで


効果アリアリ!!


その上


情緒ある表現と評判良し!!

(携帯より)

堪能 (o^− ^o)♪

  • 2019.05.04 Saturday
  • 00:05

2019050400040000.jpg

 

 

今年も堪能しました♪


だんなさまからの誕生日プレゼント


ほんと!!美味い♪

(携帯より)

令和

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 14:45

昭和43年生まれの私は

 

 

昭和を20年生き

 

 

平成を30年生きた

 

 

今日 『令和』 と改元され

 

 

おそらく 終焉をむかえる年月となるであろう

 

 

しかし

 

 

『昭和』 から 『平成』 は

 

 

喪に服した時間の中での改元であり

 

 

粛々と時間だけが過ぎ 

 

 

いつのまにか 『平成』 に馴染んでいた

 

 

 

歴代天皇のなかで 2度目の生前退位での改元ではあるが

 

 

祝賀ムードの中での改元は

 

 

身をもって改める良い時間を持てるように思う

 

 

 

大型連休のさなかではあるが

 

 

通常営業の毎日で なんら変わらない時間を過ごしてはいるが

 

 

今後に向けての 人生の歩みを 心静かに見据えたいと思う

 

 

 

しかし

 

 

生まれると同時に この日を迎えるべく

 

 

教育を受け 生きてこられた 天皇陛下

 

 

そして 『令和』 を歩まれる

 

 

なんという人生なんだろう・・・

 

平成の誕生日

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 00:28

2019042400260000.jpg

 

 

平成元年(1989年)


開催が自治体に一任された成人式を迎えた


その3ヶ月後、春21歳になった


今、平成31年(2019年)最後の月となる4月


日が変わり、今日24日51歳となる



なかなか判りやすい♪数えやすい♪区切りよい♪


私の平成は・・・と振り返れば


新人類と言われた世代なりに、社会人として確立すべくもがいた時代


でしょうか・・・!?


元年4月から10年間、保母(今は保育士)として過ごし


退職後9ヶ月の充電と休息を経て


資格を取りながらの花屋に就職


資格修得と現場上がりで誘ってもらい、平成13年10月ブライダル装飾に転職



同じ時期、2001年(平成13年)


9月11日同時多発テロをきっかけに急に決まった結婚と



立ち上げの会社に関われたこと、


ウルトラ忙しさでしたが・・・


なかなか充実した日々


結婚(平成14年1月13日)を期に独立準備に入り居酒屋開店を迎えた主人の相棒になるべく


9ヶ月の短期間で退職


そして


平成14年(2002年)7月27日焼酎居酒屋開店


そして今に至る・・・



『昭和』は誕生から社会人になるまでの20年間


自由気ままなりの自己形成期


『平成』は社会と自己の折り合いをつけるべくの30年


平成の半分ちょっとを居酒屋女将で過ごす、自営業者形成期



『令和』は自己、自営業者共に成熟期としたい


いずれ訪れる終焉を笑顔で迎えられるように・・・の準備期間


おだやかに、まっすぐに、凛として・・・


『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』


に近づけるように・・・



身近で理想とする女性は、やはり母である


そして


おこがましいが、美智子皇后は私の理想女性像である



こんなことを思いながら51歳を迎える(笑)



あっ!!


最後になったが、一週間後に始まる『令和』をだんなと共に迎え


共に歩んで生きたいと思う・・・と、書き添えておきたい(笑)))

(携帯より)

治一郎のバウムクーヘン

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 16:23

2019042316220000.jpg

 

 

お兄ちゃんに誕生日をアピールしたら


プレゼントもらった (σ≧▽≦)σ


いくつになっても兄は兄


近年、両親の高齢化に伴い・・・ますます話をするようになった


兄がいてくれて良かった


と、改めて思う


しかし


『治一郎』はやさしい美味しさだ (o^−^o)

(携帯より)

うふっ♪(o^ −^o)

  • 2019.04.18 Thursday
  • 23:44

2019041823430000.jpg

 

 

深夜のケーキ


甘い誘惑


「来週でしょ!」


と、プレゼントいただきました


「わぁ〜素敵ぃ〜💛」


と、早速開けて覗き見る私に


「で、いくつになった!?」


「51歳!!」


「もうそんなになるかぁ〜」


オープン以来のお付き合いのおひとり


最近なかなかお顔をみる機会も減っていましたが・・・


覚えていてくださったなんて💛



いくつになっても嬉しいものです


Nさん、本当にありがとうございますぅ

(携帯より)

ひなたぼっこ

  • 2019.04.13 Saturday
  • 14:51

夜の冷え込みのおかげか・・・?

 

 

姫路の桜は まだまだ楽しめます

 

 

徒歩通勤も 目を楽しめ 思わず立ち止まります

 

 

ふと・・・ 

 

 

「あっ! この自転車まだここにあったんだ・・・」

 

 

毎年ここでのひなたぼっこが恒例ですね

 

 

20190413_2260486.jpg

 

 

あぁ〜〜〜 ひなたぼっこしたいなぁ〜〜💛

 

 

と、思いつつも 店の準備をいたします (◍>◡<◍)

 

 

今宵は 焼酎のお湯割りを呑みませんか?!

 

 

お待ちいたしております

 

 

 

そうそう!!

 

4月30日㊋ 〜 5月5日㊐まで 休まず通常営業いたします

                      

佳き日に

  • 2019.04.08 Monday
  • 16:04

2019040816020000.jpg

 

 

 

昨日は


ご縁ある方の人生のいち風景を描かせていただきました


形式張らずに、自然なままに・・・


と、言うことで当店でのお食事となりました


終始和やかな笑いの絶えないお食事の時間となり


私たち夫婦にとっても、楽しい時間を過ごさせていただきました


今日の珈琲タイムは『鶴屋吉信』の『柚餅』をいただきながら


1868年に創案されたお菓子


時代に添い、受け継がれて今に至る


柚の香りと和三盆の上品な甘さに癒されます



私たちも時流に乗りきれるほど器用ではありませんが


せめて時の流れに寄り添いながら営んでいきたいです


彼らが3代で来店してくださる日を楽しみに・・・

(携帯より)

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM