『カエルの楽園』

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 23:57
2017072522220000.jpg
知り合いの本棚に横たえてあった一冊。


何年か前に話題になっていたなぁ〜。なんだったっけぇ〜。

近いところでは、

とある大学での講演会が中止になったことがとりあげられていたなぁ。


と、眺めて手に取った。


「お借りしていいですか!?」


「いいですよ。なかなか面白いよ。」



何の情報も色もなく読んだ。


感想を簡潔に言うと


「カエルの楽園」ではなく「楽園のカエル」だな。


一時期よく比喩されていた、「お花畑」ですなぁ。


読み終えてから、ネットで検索をかけた。


色々な方が、色々な角度から感想を…と言うより意見を述べられていた。


それもコミコミでの一冊ですね。


そういう取りあげ方をも含み出版された一冊ですね。


話題の渦中で読むも良し、去ってから読むも良し。


私は基本、世間が忘れた頃に独り静かに読むのが合っているかも。



私にとっての読書は


読んで感想を言い合ったり、意見を戦わせるものではなく


良くも悪くも…悪いと言うのは違うな、


私には合わなかったな…という感じかな


自分の世界を描く材料であり


人生訓の糧かなぁ。


文字を読んでいくと、自然に頭の中にその風景が浮かぶんですよね。


登場人物になっていたり、傍観者になりながら。


役者であり、監督であるんですよね。


だから、


違う自分になれたり


現世の私では体験しない、できない体験ができたり。


風を感じたり、匂いを感じたり…


カラーであったり、セピアであったり…


2倍も3倍にもして楽しめるんです。



しかし、変わったな…


20代は恋愛話を好んでいましたが


40代前後から好まなくなったと言うか…


手にさえ取らなくなった。


夢の描き方が、色付け方が変わったようだ。


なんとなく…ではなく、パシンと音がするかの様な変化だった。


それを淋しいとは感じない、進化という変化だと感じている。

(携帯より)

スポンサーサイト

  • 2017.10.19 Thursday
  • 23:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    カウンター

    ブログパーツUL5

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM