表現への考え方

  • 2019.08.26 Monday
  • 02:00

より良い・・・より的確な表現をするには


なにも難しいことはありません


ちょっとばかりのひと手間をかけてあげるだけです



そう思いませんか?!




ある夜のこと


「○○蔵の芋焼酎は呑むんですが、麦焼酎はどうもねぇ〜」


「色々芋焼酎は呑むのですが、麦焼酎は美味しいと思わないんです


 って言うと、色々な店で「この香ばしさが美味しいでしょ」と、水割りを出してくださるんですが


 その香ばしさが受け入れられないんですよね」


と、

 

 

これまた苦手と言われた米焼酎の杯を「これはイケる!」スイスイ傾けながら言われた



『これはこのまま帰っていただくわけにはいかない!


 焼酎をこれ程愛飲される方が「飲めない」と敬遠されるのはおかしい!!』


と、思いました


で、


その方が「飲めない」と言われた麦焼酎を持ち合わせていましたので


ちょいと水割りを作りました


「私からの一杯です。駄目なら無理しないでくださいね」と一言添えてお出ししました


香りをみられて「あっ!!○○ですね」と・・・


苦手とされる香りはすぐ判るようで・・・おそるおそる口に運ばれ・・・


「えっ!?えっ!?美味しい」と、一口二口確かめられていました



「そうなんですよね。飲めないはずないんですよ。」


と、いう私に


「なんで?」と言われるので


「麦焼酎の表現として『麦の香ばしさ』は大切ですが、


 それをどの程度どの様に表にだすか・・・なんですよね」とお答えしました


「お話を聞いている中で、香ばしさの何が苦手なのかを考えたのです


 だって、芋焼酎の香ばしさはお好きですもんね」ともお話ししました



「飲んじゃいました。克服した気分です。でも・・・家で自分で作ったら・・・」と心配されるので


「考え方を変えてみてください。水割りは度数をさげますが、薄めるものではないのです


 味を伸ばすのです。香ばしさは旨さの表現ですが、聞いている感じでは


 もうひと伸びさせたほうがいいと思います」


で、


もうひと伸びさす私なりの手順をお伝えしました



その後、その方のSNSを見ると


「美味しくいただいています。


 焼酎が『やっと私の美味しさに気が付いてくれたのね』と、喜んでいるようです」


と、苦手とされた麦焼酎の瓶と水割りグラスの写真が添えてありました



素直に『良かったなぁ〜』と思います




『麦の人』と呼ばれて(笑)早何年・・・


ちょっとはお役にたてたかな!?

(携帯より)

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 02:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    カウンター

    ブログパーツUL5

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM