冬の京都 その1

  • 2010.01.16 Saturday
  • 13:35
先日の 連休に

お誘いを いただいて

京都に 行ってまいりました。



本当に

久し振りの 京都です。 

私は もともと 京都が好きで、

独身時代には

友人と 訪れたり

一人で 訪れたり

よくしたものです。



一人で 訪れた時は

地図を 片手に

ブラブラ 一日中 

路地を 歩いていました。

お庭の 縁側に座り

好きなだけ ボーとした 時間を 過ごしていました。

神社・仏閣 の 間で 静かに 正座をして 過ごしました。


こんな 過ごし方が

私の 京都 でした。


しかし

結婚してからは

2回目かな。


私は ずっと

「行こうよ!!」

と、 言い続けていたのですが・・・・。


今回の旅で

だんなも 京都に 感じるものが あったようで

これからは

今までとは違い

京都が 近く なりそうです。



で、



今回は 

初めて 切符を

金券ショップ で購入 しました。


通常 新快速で 姫路から京都まで (片道)

2210円 かかるところが

なんと!!

1520円 でした。


1人のときは 気にもしなかったのですが

2人分となると

結構 気になってくるもので・・・・・

初 金券ショップ 利用と なりました。


ちなみに うちの母は

神戸・大阪 への お出かけが多く

以前から 金券ショップ を利用しており

一緒に お出かけの時は

私の分も 買っておいてくれています。

70歳を 過ぎた 母のほうが

そのあたり 今に 通用しています。


さてさて

新快速に 乗り

京都には 3時頃かな 着きました。

一時間半 早いものですね。


駅から  四条 錦市場 を

目指して 歩きました。


目的は

ここです!!




     


有次 さんです。

創業1560年 (永禄参年) のお店です。

簡単に 老舗のお店さんです

と、ひとくくりにはしては いけないような 歴史に 思います。


ここに

料理道具 を 買いに行く

これが 目的でした。


購入したのは

   


この3品


出し巻き器の角が フラッシュ で 見事に ひかっていますね。

ピカピカの 道具たち。



職人さんが

ひとつひとつ 手をかけ

         心を 込められた

道具たちです。


おろしも

目がちびてきたら

目だちを してもらえます。


だし巻き器も

痛んできたら

お直しが ききます。



手入れを しながら

お直しを しながら

一生使い続けられる 道具たち。


昔は・・・

私たちの 子供の頃は

まだまだ それが 当たり前 だったように 思いますが・・・

いつから

使い捨ての 時代に なったのか。


確かにお値段は かかりますが、

一生使えるとしたら

なんと 安い買い物か!!


大事に 作られた 道具たち

大事に 使って いきたいです。



この道具を 真剣に 選んでいる ダンナ


    



その間に


錦市場を


       



      



連休のこの日は 人出が 多かったですね。



買い物も すみ

ブラブラ 見てまわりました。



そうこうするうちに


待ち合わせの 時間。



                                〜 つづく 〜

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 13:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    カウンター

    ブログパーツUL5

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM